試験結果報告(3)19.5.8

公開試験の「荷重ー変位量グラフ」です
図中に公開動画の時刻歴解説を書き入れましたので、動画と合わせてご覧ください


P-δ図(190419公開試験)映像解説付き
テンシル構造を併設した筋交いは、割れを生じながらも粘り強く耐力を発現維持し続けています

試験結果報告(2)19.4.30

公開試験の動画をアップしました.面内せん断試験の途中から(層間変形角+1/30ラジアンから)試験終了までです.通常の筋交いがテンシル構造によって粘り強さを増しているのがご覧いただけます
190419_公開試験の様子

試験結果報告(1)19.4.24

お陰様で無事に公開試験を終えることが出来ました.当日は,建築関係者ら18名のご参加をいただきました.心より御礼申し上げます
試験の概要は以下のとおりです

試験前 公開試験用の2P試験体(H=2730)です
線材はSWMGH-3,φ3.2です
筋交い寸法は45×90,筋交い金物はBP-2を使用しました
試験前(拡大) テンシル構造の線材は,筋交い側に収まっており,仕上げ大壁が出来ます
試験前(裏面) BP-2で筋交いを留めた奥にテンシル構造の枠体があります
線材と線材の間の線は地墨です
テンシル構造は線材をビスで留めただけのシンプルな構造です
テンシル構造ユニット テンシル構造で届けられる部材は「線材とビス」だけです
45角の垂木で枠材を作り,インパクトドライバーで留めるだけです
予めユニット材として作り置きができます
プレカット工場等で量産も可能です
層間変形角+1/30rad. 面内せん断試験は,層間変形角1/450から1/300,1/200,1/150,1/100,1/75,1/50,1/30rad.をそれぞれ1回ずつ正負加力した後,引き側(+)で破壊まで加力を続けました
写真は層間変形角が+1/30rad.時で荷重は33kNです
層間変形角+1/15rad. 最大荷重は,層間変形角が+1/13.7rad.(変位量200ミリ)で,37kNでした
層間変形角が+1/12.7rad.(変位量215ミリ)で,筋交いが破損しその後座屈,荷重が0.8Pmaxとなった時点で試験を終了しました.(テンシル構造に異常はないのでテンシル構造だけの加力は継続はできます)写真は試験終了時の様子です
試験後(破壊状況) 試験後の破壊状況です

圧縮側の筋交いが大きく割れて座屈しています
一方でテンシル構造の線材に破断はありません.線材を留めたビスの抜けもありません.さらに引張力による枠体の割れなども発生せず,参加者を驚かせました
(割れに見える枠体の線は前述の地墨です)

試験後(全景)
試験後の全体写真(筋交い側)です
向かって左手が圧縮側筋交い,右手が引張側筋交いです.大変形によって圧縮側筋交いは大きく割れて座屈,引張側筋交いは上部の金物のビスが外れ,大きく変形しました.
テンシル構造(枠体),軸材料に割れなど損傷はありません.引張力による線材の変形規模は未使用品(右手筋交いの上)と比較するとおわかりいただけます.

なお,荷重ー変位量グラフは第2報で報告します

試験体形状のお知らせ 19.4.11

公開試験の「試験体」は,下イメージのように,双方向の筋交い(引張側・圧縮側)にそれぞれオンバスのテンシル構造(線材の材質:鉄線SWMGH-3)を添えた2P試験体を予定しています.筋交いを双方向揃えることで実際の現場により近い試験体となりました.(若干変更になることもございますので予めご了承ください)
公開試験イメージ図

公開試験のおしらせ(無料)

筋交いと併設したテンシル構造(金属線材)の面内せん断試験を公開します。試験は、半間×9尺の試験体を用い、1/450ラジアンから1/50ラジアンまで正負3回繰り返し測定を行った後、最大1/10ラジアンまで加力します。破壊や変形の状況をご覧いただきます。ぜひ、オンバスのテンシル構造の粘り強さを体感してください。

日時

2019年4月19日(金) 13:30~15:00予定
受付開始は13:00です
13:30から試験の概要と今後の予定などについてご説明します

場所

一般財団法人建材試験センター西日本試験所にて

見学のお申込

一般財団法人建材試験センター西日本試験所(担当:早崎)宛、次の項目を書いて、ファックスでお申し込みください
・御社名
・ご連絡先(住所、電話番号、FAX番号、担当者氏名)
・参加者氏名と人数
・お車の有無、お車で来られる場合は台数
FAX番号 0836-72-1960
下記リンク先より「公開試験のご案内」をダウンロードしてください。2ページ目に参加申込書が付いております。
https://messe.nikkei.co.jp/exhibitor/info/AC/ja/11443/#catalog

アクセス

(一財)建材試験センターホームページへ
※ 西日本試験所をクリックしてください

注意事項

・駐車場の台数に限りがありますので、出来るだけ公共の交通機関をご利用いただくか、お乗り合わせのうえ、ご来所くださいますよう、お願い申し上げます。
・当日は、公開実験中の写真撮影を行い、後日、試験情報誌等に掲載させて頂きますので、予めご了承ください。