大臣認定壁倍率に挑戦します

テンシル構造は、構造計算に加算せず「補強材」として使うことができるほか、構造計算に加算する場合は、許容応力度計算で基準耐力を3.2kNとすることができますが、この度、壁倍率の国土交通大臣認定取得をめざすことになりました!

9月より予備試験が始まります.