より粘り強く

木材の特性を活かす木造軸組工法は、いまも全国各地で使われる日本の伝統的な技術です。
株式会社オンバスは、層間変形角1/15ラジアン以上の大変形域でも耐力を発現し、木造軸組工法をより粘り強くする靭性補強技術「テンシル構造」を開発しました。

試験前 試験後

テンシル構造は、住宅の靭性を補い、かつ自らも耐力を有する新しい技術です。筋交い・面材を問わず、いまお使いの耐力壁に併設できます。全国の大工さんどなたでもお使いいただけます。どうぞご覧ください。