FAQ(お問い合わせ集)

テンシル構造の特長は何ですか

  1. 最大の特長は「粘り強さ」です.テンシル構造は、層間変形角1/15ラジアン以上の加力でも荷重(耐力)を発現し維持することができる、数少ない技術です.
  2. テンシル構造の荷重(耐力)は層間変形角が増すほど大きくなるので、層間変形角が大きくなるとダメージを受ける既往の耐力壁を補完できます
  3. わかりやすくシンプルな構造で、施工も容易です(施工不良を見つけやすい)
  4. 線材とビスだけなので、とても軽量です
  5. 見かけ格子状なので、配管や配線が出来ます
  6. 金属なので火災に強い
  7. 表しで使うと「採光」「通気」が取れます
  8. 接着剤を使わないのでハウスシックの心配がありません

テンシル構造を採用するメリットは何ですか

  • 粘り強さが高いため耐力壁に想定外の大きな水平応力(傾き)が作用した際、倒壊に抵抗し、生命や財産を守ることに貢献します
  • テンシル構造は出来たばかりの新技術です.(採用が早いほど)他社と差別化したプレゼンテーションに役立ちます
  • テンシル構造はプラスアルファの技術です.工法の選択ではありません.今お使いの工法に併せることが出来ます
  • プラスアルファの技術なので、家全体の必要耐力が得られている場合、人が集まる空間や寝室などを囲うなど部分的な補強にも使えます

テンシル構造の課題は何ですか

  • 受け材真壁仕様のため、設置場所によっては一部使えない柱脚金物があります.
  • たすき掛け筋交いには併設出来ません
  • テンシル構造は現場で造作する必要があります.省施工に影響があります
  • 壁量計算に加算することが出来ません

テンシル構造はどこに使うのですか

  • テンシル構造は靭性補強材なので、外周壁・内壁いずれにも使うことが出来ます.
  • どこに使うか、配置は構造設計者のご判断にお任せしています

テンシル構造には全ての柱脚金物を取り付け出来ますか

申し訳ございません

面内側にホールダウン金物を設置する場合など一部の柱脚金物の取り付けが出来ません

テンシル構造は幅910ミリ以外で使えますか

理論上は出来ますが、今回、ご提供する専用部材は半間(910ミリ)専用です

テンシル構造は大臣認定壁倍率を得ていますか

得ていません.(現在準備を進めています)

テンシル構造は振動台実験(動的試験)をやりましたか

行っておりません

課題を解決せずに販売するのはどうしてですか

  • 課題は順次解決していきます
  • 一方ですべての課題の解決を待つと明日かもしれない大地震に間に合いません.しかし、課題が未解決ながらも強靭性は第三者機関で確認されていることから、安全限界を超える大変形時の対策を探しておられる方にお届けしながら課題の解決を進めて参ります

戻る