1/15rad.以上で戦う「テンシル構造」

オンバスの「テンシル構造」は、在来工法住宅の耐力壁を“より粘り強く”する靭性補強材です
耐震工法の開発は「より初期剛性が高くより長く継続するもの」を目指した競争が多く、消費者に「A工法かB工法か」という選択を迫っていました
競争の一方で、工法を換えても荷重(耐力)の確保が困難な安全限界(層間変形角1/15ラジアン)以上の領域が残っており、対策は火急の課題です
写真提供:キロクマ
※写真提供:キロクマ

「テンシル構造」は1/15ラジアン以上の大変形域において、既往耐力壁をサポート出来る数少ない技術の1つです

筋交いや面材など工法を問わず、サポートし「倒壊のストッパー役」を担う新しい発想の技術です
とても わかりやすくシンプルな構造 で性能にブラックボックス(不可視部分)がありません

想定外の地震など大きな外力で住宅が大きく傾き、筋交いや面材が耐力の減少域を迎える際、オンバスの「テンシル構造」が代わって耐力を発現・持続し、お客様の生命と財産を守ります

ぜひご覧ください

こちらはテンシル構造の原点となった技術です