わかりやすい技術

オンバスのテンシル構造(以下、「テンシル構造」)は、引張力を使った木造軸組住宅用の靭性補強技術です
粘り強さを増すことに特化した技術で、在来工法と合わせてお使いいただけます

テンシル構造は、軸材料で囲まれた開口部に線材を斜めに多数掛けて構成します
開口部が面内に変位することによって生じる線材の引張力を集めることで、面としての耐力を発現します

木造軸組工法住宅の代表的な耐力壁に「筋交い」があります。筋交いは接合金具をきちんと設置することで、大きな耐力を発現しますが、応力が接合箇所一点に集中するため、万が一、ここが破損すると一気に耐力を失ってしまいます
これに対して、テンシル構造は多数の線材により構成されているので、仮に1本に不具合が生じても残った線材の引張力によって、面の耐力を維持することが出来るのです

シンプルな構造


左図は、壁にテンシル構造を用いたイメージです
開口部に受材を介して線材をビスで留めるだけのシンプルな構造です。受材を介すことで表面材(化粧板やボードなど)の施工が容易になります
もちろんテンシル構造は、軸材料に直接設ける(大壁スタイル)こともできます
なお、ここでのテンシル構造は、建築物の梁、柱及び土台など軸材料で囲まれた開口部に設ける例として説明しましたが、壁はもとより、屋根、小屋裏、床などの開口部にも設置することもできます

高い軽量性

テンシル構造は、とても軽量です
テンシル構造に用いる線材について、適度な伸度で引張強度が大きな材質が向いており、金属や合成繊維などが適しています
ただし、材質によっては「平成12年5月31日建設省告示第1446号」で指定建築材に定められていない場合がある他、特に合成繊維には耐光性が低い材質もあり、材料の保管や施工管理に注意が必要です
面当たりの重さを構造用合板と比較すると以下のようです

材質 規格 面の大きさ 面の重さ
構造用合板 厚さ9ミリ 3尺×10尺 約 19.8kg
亜鉛メッキ鉄線 φ3.2、約25m 3尺×9尺 約 1.9kg
合成繊維ロープ φ2.2、約110m 3尺×9尺 約 0.7kg

優れた施工性

テンシル構造の施工は線材を接合用ビスで留めるだけです
いつものインパクトドライバーで施工できます
特殊な工具や薬液は一切必要ありません

線材と接合用ビスはオンバスが用意します
オンバスから届いた専用部材を受材に留めるだけ
それだけで、住宅の粘り強さを増すことが出来ます

力学特性
ライセンス
専用部材の販売
契約店のご案内
その他